バイナリーオプション

ハイローオーストラリアは、なぜ日本の金融庁に登録されない?!

日本の金融庁にはハイローオーストラリアは登録されていません。なぜなんでしょうか?!

ハイローオーストラリアは、バイナリーオプションの海外業者の中では絶大な人気を誇っています。にも拘らず、日本の金融庁には登録がありません。

それが理由で、「ハイローオーストラリアは詐欺業者なんじゃないか?」と言う噂が立っているのですが、そちらについては前回の記事や、前々回の記事でお伝えさせて頂きました。

海外業者ハイローオーストラリアは詐欺業者なのか?!海外業者ハイローオーストラリアは詐欺業者なのか?!口コミや噂で広がっている詐欺情報について、ハイローオーストラリアの実態を調べて見ました。口座開設前には必ず読んで欲しい記事に仕上がっています。...
ハイローオーストラリア 詐欺だと言われる3つの理由ハイローオーストラリアが詐欺業者だと言われている大きな理由を3つ取り上げました。口コミも多数寄せられている業者批判ですが、口コミされた事実を基に調べつくした内容を一挙に公開しています。...

実は、ハイローオーストラリアが日本の金融庁に登録されていないのは、私たちバイナリーオプションを行う人たちにとって凄く有利な条件が揃っているからという理由も有るんです。

今回の記事では、日本の金融庁への登録が出来ない理由も含めて、ハイローオーストラリアの事について話していきたいと思います。

取引時間の制限

バイナリーオプションの魅力は何だと思いますか?!

もちろん、魅力は色々と有ると思いますが、私が感じている最大の魅力は、

短期取引です。

ハイローオーストラリアの取引時間を見て頂ければ分かると思いますが、時間にして30秒や60秒と言った短期の取引が可能です。めちゃめちゃ短いですよね!?

実はこれ、もの凄く魅力的なことなんですよ。

短期取引の場合、強く方向性が出ている相場では一方方向に為替が伸びていることが、初心者の方でも良く分かる事があります。ココは非常に儲けやすく、バイナリーオプション初心者の方でも取引が可能で利益が獲りやすいタイミングと言えます。

しかし、短期取引ではない場合には、レートは上下しながら動いているので、長年投資を経験している人でも勝率は短期取引に比べれば格段に落ちてしまうんです。

短期取引なら取れていた利益が、長期取引になった途端に利益が減ってくるのであれば選ぶべきは短期取引です。

しかし、バイナリーオプション初心者が利益を出せそうなこの短期取引を、日本の金融庁は認めていません。これをやってしまうと金融庁に登録できないんです。

ハイローオーストラリアはというと、魅力を潰してまで登録なんかするか!

という訳で、日本での登録がされていないんです。

取引回数の制限

投資は、1回の利益を伸ばすこともそうですが、勝率を上げていくことも重要です。

そして、勝率は確実なところでエントリーすることで上がってきます。

日本の金融庁が認めている、1日の取引回数を知っていますか?!

12回です。

12回は少ないと思いますが、取引に制限がかかる事も納得できません。

12回終わった時点で、物凄く勝率の高いエントリーポイントが来てもエントリー出来ないんですよ?!

じっと見ていなきゃならないって辛くないですか?

取引回数が制限されるという事は、絶好のエントリーポイントを見逃す可能性もあるってことなんです。

取引回数の制限は、利益ポイントを見逃す事とイコールなんですよ。

制限されたペイアウト率

バイナリーオプションの魅力は何といってもリターンが大きいという事です。

FXで言えば、『6勝6敗』は、負けている可能性が高い勝率です。

ハイローオーストラリアで言えば、この『6勝6敗』はプラスマイナス0です。

なぜなら、ハイローオーストラリアのペイアウト率は最大2倍だからです。

1,000円で全てエントリーした場合、6勝した金額はプラス12,000円、6敗した金額はマイナス6,000円なので6敗した金額もチャラに出来るわけです。

ただし、日本のバイナリーオプションは違います。ペイアウト率は変動していきます。ですので仮に『6勝6敗』なら完全に負けが確定するんです。

ペイアウト率だけで言えば、日本の場合7割の勝率でもマイナスになる可能性が高くなります。

バイナリーオプションや投資は、いかにしてリスクをなくして利益を出すかが最大の焦点なのに、日本の金融庁に認められるために利益が出にくくしては本末転倒です。

日本の金融庁の制限が厳しいわけ

日本の金融庁が制限を設けているには理由があります。それはギャンブル性です。今ではパチンコ中毒と言う言葉も浸透してきましたが、パチンコもギャンブル性が高いため規制が年々厳しくなってきています。

日本の金融庁が投資に対して制限を設けているのは、ギャンブル性を低くすることによって、破産や中毒になる可能性を低くしようとしているんではないかと思います。

ただ、制限をすればするほど儲ける事が難しくなって大金を使用してリターンを増やす行動が増えてしまっている様に思います。

制限を付ける事は悪くはないと思いますが、適正な制限を定めて欲しいものです。

ハイローオーストラリアが選ばれるわけ

こういった日本の金融庁が規制を設けたのも引き金をなって、バイナリーオプション投資家に有利なハイローオーストラリアが人気となっているんです。

取引回数の制限取引時間の制限ペイアウト率の制限、日本では厳しい条件でもハイローオーストラリアでは全てが業界最高水準で純粋なバイナリーオプションが行えます。

詳しくはこちら

国内支持率NO1ハイローオーストラリアの実態は?!バイナリーオプションの業者の中でも、圧倒的に支持・人気の高いハイローオーストラリアの実態を、私の体験の中から紹介しています。まだハイローオーストラリアの口座を持っていない方は、見てからでも遅くはないはずです。...

日本では厳しい条件下の中で利益を出さなければなりませんが、海外業者であるハイローオーストラリアには利益を出しやすい条件が揃っているのも人気の理由ですね。

 

 

 

バイナリーオプション口座開設は無料!