バイナリーオプション

4大市場の時間帯を知ってバイナリーオプションを成功させる秘訣

バイナリーオプションには、取引するのに適した時間がある事を知っていますか?

相場は世界各地で取引されていますが、時間帯によって通貨の主役が存在します。バイナリーオプションで取引を成功するためには相場の時間帯を知る事も重要な知識となります。

ここでしっかり知って頂ければ、これからの取引に必ず役にたつでしょう。

時間帯だけの取引で勝っている人は居ます。

バイナリーオプションで時間帯だけを利用して利益を出している人も居ます。

これだけ言うと、時間帯だけを知れば勝てるのかと言うと語弊が生じますが、市場の時間帯だけで取引を行っている人がいる事を知って下さい。

逆を言えば、時間帯を知らないと損する可能性が高くなるという事です。

リスクを知らないでリターンはあり得ません。

世界の4大市場

バイナリーオプションの取引に欠かせないのは、為替相場です。

この為替相場が24時間動いているのは御存じでしょうか?

為替相場が動いているからこそ、バイナリーオプションの取引が出来るのです。

ここからは、4大市場と言われる4つの市場を御紹介します。

オセアニア市場

1日の始まりは、オセアニア市場から始まります。

24時間の始まりはオセアニアからという事ですね。ただし、朝がめちゃくちゃ早い!!

オセアニア市場は、ウエリントン市場とシドニー市場の2つの事を指しています。この2つの市場自体が開く時間帯が違うので

日本時間の6時~

と覚えておいておけば問題ありません。さすがにオセアニア市場を主戦場とするなら専業にならないと厳しいと思いますが・・・

オセアニア市場の主役通貨は、

オーストラリアドルニュージーランドドルです。

この2つの通貨が、オセアニア市場の時間帯では主に取引されますので、通貨の特徴を覚えておく必要があります。

日本市場

日本時間は、皆さんにも馴染みが深いのではないでしょうか?

日本市場の時間帯は、

9時~15時までです。

もちろん、日本市場の主役通貨はです。

日本時間の特徴は、9時55分に決定する仲値です。

仲値とは、その通貨の交換レートです。

海外旅行に行くときに、円を外国の通貨に両替すると思います。その両替の値段が決まるのが仲値で9時55分にレートの値段が決まります。

100%ではないですが、9時55分を目安に取引を行っている投資家も沢山います。仲値で値が決まった瞬間に今までの動きとは逆に動くことが多いので、その動きを狙った取引を有効に行う事で利益を上げる事が出来ます。

ただし、あくまでも勘で取引する事はしない方が良いですよ。

ロンドン市場

世界の4大市場のなかで、取引量が1番多いのがロンドン市場です。

ロンドンの時間で表してもわかりにくいので、日本時間で表すと

夏時間 16時~0時30分

冬時間 17時~1時30分

夏時間と冬時間にわけたのは、海外はサマータイムと言う時期があり、夏時間になると通常より1時間早くなります。覚えなくても相場関連の情報を見ていればニュースで出てきますので問題ありません。

ロンドン市場での主役は、

ポンド・ユーロが主な取引通貨となります。

が、しかし

世界1の取引量を誇るロンドン市場ですので、他の通貨も動きます。あまり動かないだろうと思って安易に取引すると痛い目にあいますので注意しましょう。

バイナリーオプションで、ロンドン市場を取引時間にするなら、注意が必要です。

それは、初心者にはついていけない程の値動きが生じます。特にロンドン市場が開く1時間前から市場が開いた1時間後は通貨の変動が激しいので、バイナリーオプション初心者は見送る事をオススメします。

ロンドン市場の特徴は、取引量の多さと値動きの激しが特徴です。

また、

ロンドンフィキシングという金の仲値と言われる時間帯が存在し、その時間帯の前後はロンドン市場が閉まる時間帯に近いため、値動きが上下に動くこともあります。

ロンドンフィキシングは、冬が1時夏が0時です。

ニューヨーク市場

世界1位の取引量がロンドンなら、参加者が多い時間帯の世界1位はニューヨークです。

ニューヨーク市場の時間帯は、日本時間で

夏時間 22時30分~5時

冬時間 23時30分~6時

となっております。

ニューヨーク市場の時間帯を見て思う事は、ロンドン市場と時間帯が被っているという事です。

そして、日本の専業・兼業トレーダー達も参加してきます。

ですので、

夏時間 22時30分~0時30分

冬時間 23時30分~1時30分

この時間帯は、世界で1番取引が活発な時間帯になります。

バイナリーオプション初心者の方は、この時間帯に取引時間にしてなれる事が良いと思います。

参加者が多く、取引量が活発な時間帯は大きな値動きに惑わされることなく取引が出来ます。

なぜなら、取引量が少ない場合は少しの資金量で値が極端に動く時がありますが、この時間帯の取引量は1日の中でも1番多いので、変な値動きをせずに暫くは動いた方向に動くことが多いからです。

為替変動は、多数が有利ですので流れに沿ってエントリーする事で多数の中にないる事が可能になります。

注意したい時間帯

4大市場の中で、注意して欲しい時間帯があります。

それは、経済指標の発表時間です。

経済指標の発表は、業者が発表してますし様々な為替関連のネットでも事前に知らせてくれていますので調べて見てみて下さいね。

経済指標は、各国の経済状況を数値化して発表したもので発表された時には、大きく為替が動く時があります。

せっかく、あと10秒で利益が出るところだったのに経済指標の発表で逆方向に動いては利益が台無しです。

バイナリーオプションの取引時間を明確にすることも大事ですが、経済指標の時間帯も把握しておくこともすごく大事です。

自分だけの時間を構築する

バイナリーオプションの取引時間については、4大市場が主となりますが、会社員のかたや専業主婦の方など様々な生活スタイルがあると思います。

バイナリーオプションは、徐に画面を開いて取引しても成功するほどの利益は出ません。

自分の生活スタイルに合わせて、取引する時間を決めてバイナリーオプション取引を行う事で時間帯の特徴を掴み取引の精度が増してきます。

自分の取引時間を構築して、バイナリーオプションで利益を出していきましょう。

 

バイナリーオプション口座開設は無料!