バイナリーオプション

副業は何でバレる?!バイナリーオプションの税金はバレないのか?!

将来苦労しないために、働けるうちに本業以外で収入源を作っておきたいと思って副業する人も多いと思います。

副業禁止の会社で働いていても、『少しならバレないだろう』と思って本業以外に副業を行ってしまう人も中にはいるんじゃないでしょうか?

しかし、
副業は必ずバレます!

どんな手段方法を使っても、必ずバレる仕組みがあるんです。

なぜ副業はバレるのか?!

本業以外に副業を始めようと思ったときに、会社が副業禁止だったなんて良くある話です。それでも、老後の不安やお小遣い稼ぎでついつい黙って副業をする事もあるかと思いますが先ほども言ったように副業は必ずバレます。

なんでバレるのか?!

それは、収入を支払う側収入をもらう側が常にいるからなんです。

例えば本業では、会社は給料を働いてもらっている対価として社員に支払います。その支払った給料を会社は国に報告するわけです。ここで、国は会社が社員に支払った事実を知り社員に対しての税金を決めます。

副業も同じです。例えば個人事業主に雇われたとして、事業主は働いてもらった対価として貴方に金銭を支払います。この支払った金銭は事業主から国に支払った事実を報告するんです。そして国は事業主が払った事実を知ります。

副業をしていると、『本業+副業』の収入を貴方が国に報告していなくても、支払った側が報告しているので自動的に国は知る事になります。

そして、本業の会社が給料から天引きして国に税金を払っていると、国は『本業+副業』の収入に対しての税金を本業側の会社に請求します。

ここで税金がおかしいとなり副業がバレてしまうんです。

仮に『副業してないし、収入なんてもらってない』と言い張っても、自分で自分の首を苦しめるだけなので観念した方が身のためです。

なぜかというと、
銀行と言う機関があるからです。

本業でも、副業でも金銭の受け取りは一度銀行に振り込まれると思います。

もう、金銭が銀行に振り込まれた時点でアウトです。大人しく観念するしかありません。

ですので、黙って副業をしていたとしても副業は必ずバレます。

副業するときは、本業の会社に確認してから行いましょう。

バイナリーオプションなら副業にならない!

本業が禁止の会社に勤めていても、やっぱり副収入が必要と言われている時代ですので何か収入源を作りたいと思うのは当然のことだと思います。

バイナリーオプションや投資も副業にはいってしまうのではないかと思っている人もいますが、バイナリーオプションは副業には入りません。

というより、本業禁止の会社でも投資関連には寛容という事が多いです。
詳しくはこちらの記事で書いています。

バイナリーオプションって副業?!副業禁止の場合はどうなるのかを徹底解剖国で副業が推進されている時代ではありますが、同時に会社は副業禁止を未だに言ってます。折角バイナリーオプションを始めたいのに副業禁止がネックになって始められない!そんな疑問を全て解決します。...

ですので、本業禁止の会社に勤めていても投資で副収入を得る事は出来ます。

そんな投資の中でも人気のバイナリーオプションは、簡単に始められるので投資初心者には始めやすい投資と言えます。

バイナリーオプションの収入はバレる?!

ここまでで、バイナリーオプションは副業には含まれないことが分かったかと思いますが、バイナリーオプションで稼いだ収入がバレるか?バレないか?で言えば・・

バイナリーオプションの収入も必ずバレます!!

そこまで隠す理由があるかは別として、冒頭の方でも話したと通り、投資会社が国に報告しますので間違いなくバレます。奥様にも税金の関係でバレるかと・・・多分。。

海外口座を持っている方でも安心してください。必ずバレます。

それは、冒頭の副業がバレる事でも話した通り銀行が入金・出金口座として君臨しているからです。

収入を隠そうとしても必ずバレるので素直になった方が良いと思いますよ。

バイナリーオプションの税金はどうやって決まるのか?!

バイナリーオプションに限らず、投資による収入が一定以上あれば必ず税金はかかります。これは、日本に住みながら投資をしている以上避けられません。観念しましょう。

けど、どうやって税金が決まっていくのか?!

それは課税対象課税対象じゃないかが焦点です。

課税対象の場合は確定申告が必要になります。

詳しくは次回の記事で書くとして、今回は課税対象を知って頂きたいと思います。

まず、対象となる期間は1年間
つまり
1月1日~12月31日までの取引が対象となります。

そして、対象となる金額は・・

兼業トレーダーの場合は20万以上専業トレーダーの場合は38万以上

これに相当する人が課税対象者となり確定申告が必要になります。

それ以下の場合は、課税対象者にはなりませんので確定申告する必要はありません。

本業を持ってバイナリーオプションを取引するなら、年間の収支が20万超えたら確定申告を頭に過らせてください。

本業も何も働いていない人は、バイナリーオプション取引の収支が38万超えたら確定申告をしないとダメだよって覚えておいてくださいね。

でも、兼業でも専業でもバイナリーオプションの取引で年間収支が確定申告をしなければいけない程儲ける事が出来たなら、翌年も必ず収支がプラスに転じる事が出来るはずです。

なので、目指すはバイナリーオプションで確定申告!

そんな目標でも良いかもしれませんね。

 

 

バイナリーオプション口座開設は無料!