バイナリーオプション

バイナリーオプションって副業?!副業禁止の場合はどうなるのかを徹底解剖

安倍晋三内閣になってから、時代は副業元年と言われるくらいに副業が浸透してきています。ただ、そういう時代でも日本という国は昔ながらの仕来りというか風習というか『古き良き時代』を大事にし過ぎている様に感じます。

なぜなら、国が副業を推進しいるにも関わらず『本業に専念すべき』とか『副業をする事で本業がおろそかになる』なんて理由から副業禁止の会社がほとんどです。

投資と言われるバイナリーオプションやFX・株なんかは海外ではメジャーで、投資文化なんかは世界に比べると日本は結構な遅れをとっています。

それに、海外では本業の他に個人がいくつもの副業をこなして生計をたてています。その資金で投資に運用したり、様々なことにチャレンジしています。

こうしみると、『先進国日本』なんて言われる時代は終わったのかもしれませんね。

さてさて、そんな副業禁止が多い事が原因でばバイナリーオプションや投資を断念する人も結構いるみたいです。

実は、副業禁止でもバイナリーオプションやFX・株と言った投資は問題なく出来ます。

今回は、副業禁止の会社に勤めていても安心して投資が出来るように書いていきたいと思います。

副業って何?!

まずは、副業禁止と言われるけど副業って何?!という事を知ることが先決ですね。

副業の概念は様々ですが、いろんな概念を要約すると

副業の概念

法律的な概念はなく、会社で定められている副業禁止は他のビジネスで収入を得る行為。本業以外の事業所で働いた賃金や、サイドビジネスで得た収入もこれにあたる

という事です。

本業の会社で雇われているにも関わらず、他の事業主の下で働いて賃金をもらったり、個人が代表となって賃金を得てはいけないという事ですね。

簡単に言うと、本業以外で客商売はしてはいけないという事ですかね。

それにしても、法的な効力はないとは驚きです。

法的な効力はないとはいえ、副業禁止の会社で副業する場合は、学校の規則と一緒で会社の規則は見といた方が良さそうですね。

なぜ、副業はばれるのか?!

でも、なぜ副業していると会社にわかってしまうのか?!

それは、住民税です。

会社員の方のほとんどは会社の給料から住民税が天引きされる仕組みになっていると思います。

住民税は所得によって決まります。悲しいなぁ・・・

会社員の給料は、歩合制の方も居るかもしれませんが毎月そこまでの上限はないはずです。国は皆さんの所得を狙っています。税金が増えれば国は安泰ですからね・・

ですから、副業をこっそりやっているつもりでも所得が増えれば必然的に住民税が増えるので副業をしている事がバレてしまうという事です。

会社の経理は結構厳しいですからね。数字しか見てないし・・

バイナリーオプションは副業になるのか!?

さて、1番の問題はここです。

バイナリーオプションや投資は、副業に値するのか?!という事です。

投資の概念を要約したいところですが、良い見本がないので私の概念を・・

投資の概念

投資とは将来の価値あるものに対して、資産を投げ利益を得るもの

私の投資概念どうですか?失礼しました。。

それはさておき、先ほどの副業の概念と照らし合わせると全く同じ内容の事は書いていません。

という事は
投資は副業には値しない!!
という事なんです。

ですので、副業禁止の会社に勤めていてもバイナリーオプションを行う事は出来る。

なぜなら、投資は副業ではないからです。

副業禁止を訴えている会社でも、投資に関しては容認している会社が殆どです。

これで安心してバイナリーオプションで、投資を行う事が出来ますね。

利益が出だしたら注意が必要

副業禁止でも投資はOKという会社が多いい事は嬉しい事ですね。

これで、心おきなくバイナリーオプションに集中できる!!

と思うのも束の間というか注意が必要です。

ん~どちらかと言うと嬉しい反面、面倒というかなんというか・・

バイナリーオプションで利益が出始めると、日本にいる以上必然と言われる『税金』を納めなくてはいけません。どこまでも税金。。

本業以外で収入があれな確定申告をしなければいけません。結果税金を納める可能性も・・

確定申告をしなければいけない対象者は以下の人達です。

・給与所得以外の利益収入が20万を超えた人(兼業投資家)
・給与の収入がなく利益収入が38万を超えた人(専業投資家)

これは年間を通してという事になりますが、着目していただきたいのは利益収入です。

ここでいう利益収入は、年間を通してプラス20万の利益が出た人の事を言います。

例えば11か月連続でプラス収支が続いて、100万プラスだったのに最後の1か月で-90万の損失を出した場合・・・年間の利益収入は10万なので確定申告は必要ありません。

でも、今まで-30万だったのに最後の1か月で50万の利益が出て年間通してプラス20万になった場合・・年間の利益収入が20万を超えてしまっているので確定申告が必要になります。

利益が出るという事は、バイナリーオプションの取引に成功しているという事ですので、凄く嬉しい事ではあるんですが、確定申告は面倒ですよね。

利益が継続して出るようになったら、利益収入と比較して税理士に頼んでみるのも手段の一つです。

最後に・・

将来の事を思うと副業は大事な収入源の一つになると私は思っています。

けど、副業禁止を未だに言っている会社も少なくありません。

今回の記事でバイナリーオプションは会社の言う副業禁止の中には含まれないことが分かって頂けたかと思います。

これから日本の未来が発展すれば良いのかもしれませんが、備えておくことに損はないと思います。

バイナリーオプションは、そんな未来の備えとして投資初心者でも簡単に始められる投資の代表と言えます。

バイナリーオプションが皆様の未来の備えになるように強く願っています。

バイナリーオプション口座開設は無料!